ジェネリック医薬品のフィンペシア

ジェネリック医薬品のフィンペシア

薄毛とは、毛髪に十分な栄養が回らなくなってしまう事で起こるAGA(男性型脱毛症)の症状です。薄毛以外にも抜け毛などの症状が現われ、額の生え際より毛髪後退(M型)していってしまったり、頭頂部(O型)が薄くなっていってしまいます。こういった毛髪に悩みを抱える方や、悩んでいる方は日本国内だけでも1000万人を超えるとも言われており、女性にも症状が現われることもありす。その場合は男性とは異なり、全体的に毛髪が薄くなっていくのが特徴となります。進行性の脱毛症であるため、治療を行わなければ薄毛や抜け毛の進行は治まりません。

原因はDHT(ジヒドロテストステロン)の影響が大きいとされています。非常に強力なホルモンで、ヘアサイクルを乱してしまう作用があります。ヘアサイクルが正常でなくなるので髪が成長しきらず細いまま抜け、生えてくる髪も針のように見えてしまいます。それが薄毛、呼ばれる状態です。そこでDHTを作り出す5a還元酵素の働きを抑制するが有効的な治療の1つと考えられていますす。そこでおすすめするものがAGAに有効なフィンペシアです。

フィンペシアはプロペシアのジェネリック

フィンペシアはプロペシアのジェネリック

インドの大手製薬会社、シプラ社が製造販売をしています。発毛効果が確認出来ると公的機関が認め、日本で初めて経口タイプの発毛剤として承認された医薬品のプロペシアジェネリックです。先発薬であるプロペシアは高価な薬品で、海外医薬品の通販サイトなどを利用すれば日本国内で購入するよりは多少安く購入出来るものの簡単に手は出せません。またすぐに薄毛に対して効果が出るわけではなく、最低でも三ヶ月の継続で初めて目に見える効果が出ます。

その点フィンペシアは安価なため、継続するためにも気軽に購入出来る薬品です。有効成分はプロペシアと同様でフィナステリドです。ジェネリックは後発薬とも呼ばれ、先発薬の特許が切れた後に同じ製造方法、有効成分で製造される為、低価格で販売することが出来ます。

厳密に言えばインドの特許事情が特殊なため正式なジェネリックとはいえないもののその品質はとても高いため、安心して使用が出来ます。同じジェネリックであるフィンカーと言う医薬品はフィンペシアの5倍もの成分が含まれており、こちらも安価で購入できる為、こちらも人気があります。しかし5倍成分が含有されている事は、その分副作用も現れやすくなる可能性もありますので、使用には十分お気をつけ下さい。副作用については後ほど記述致します。

もう一つの治療薬、ミノキシジル

もう一つの治療薬、ミノキシジル

フィナステリドを含んでいる医薬品は内服タイプだけではなく、外用薬である育毛剤もあります。ポラリスという製品名で販売されて、主成分は育毛効果の高いミノキシジルとなっており、種類はNR-07~11の5つあります。含有量は5パーセント以上配合されており、多いものでは16パーセントも配合されています。その中でフィナステリドが配合されているものが10と11です。そのため市販の育毛剤に比べると、AGAに対して非常に有効な塗り薬となっています。

ミノキシジルについても少し触れてみたいと思います。この成分はフィナステリドと併用すると更に効果が高まることが知られています。内服薬のミノキシジルタブレット(ミノタブ)は外用薬よりも高い効果が報告されており、フィンペシアと合わせて使えばきっと目に見えて変わってくるのが実感出来るでしょう。その中でも特にフィンペシアはおでこ部分の脱毛に対して、ミノキシジルは頭頂部の薄毛に効果があると言われています。

有効性が高い反面、副作用も気になるところです。外用は内服に比べると副作用は出にくいと言われています。ですので直接取り込む内服タイプの場合は、使用する人によって強く出る場合も頭に入れておいて下さい。顕著な例で言えば性欲の減少です。勃起力も低下することがあり、快適なナイトライフを送りたい方はED治療薬との併用をすすめています。また吐き気やめまいも起こる事があり、不快感を感じるかもしれません。これらは一時的なものですが、特に気を付けていただきたい副作用もあります。

それは妊婦にフィンペシアを近付けないように気を付ける事です。お腹の中にいる子供が男児であれば、生殖器に異常が出る可能性があるため大変危険です。フィンペシアをはじめ、フィナステリド錠は通常、コーティングされているのですが、なにかの拍子で潰した、落としてしまった場合に触れてしまった場合が最も危険なのです。成分は皮膚からも浸透してしまいます。触れてしまったら大変危険です。一時的に使用を控えたほうが賢明でしょう。また精液にもフィナステリドが移行してしまうと言われています。

AGAは遺伝性や生活環境にも関連があるとされていますが、今のところ男性ホルモンによる影響が大きいと考えられているので、塗り薬も内服薬も有効な治療方法となっています。

フィンペシアの通販はお薬なび

トップページへ