プロペシアの作用・副作用・使用方法

プロペシアの作用・副作用・使用方法

プロペシアとはアメリカのメルク社によって開発された、フィナステリドという成分の男性型脱毛症(AGA)の経口型の治療薬です。

もともと前立腺肥大の治療が目的で使われていた薬ですが、その後の研究によって男性型脱毛症(AGA)においての毛髪の成長が確認されたため、国から脱毛症の治療薬として認可を受けました。脱毛症のためのサプリメントなど数多く存在しますが、実は脱毛症治療の正式な薬として認可されてているのはこのプロペシアとミノキシジルという成分のみです。

プロペシアの作用

AGAは5α還元酵素という頭皮の毛根に存在する酵素がテストステロン(男性ホルモン)と結合しジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛を促すホルモンに変換することで起きます。フィナステリドは5α還元酵素の働きを抑え、脱毛を促すジヒドロテストステロン(DHT)の生成を阻害します。これによって、脱毛量を減らすことができ、なおかつ弱っていた髪の毛を正常に育毛させることができます。

プロペシア自体には発毛促進効果はなく髪を新たに生えさせる効果はありません。また、男性ホルモンが原因でない、円形脱毛症、脂漏性脱毛症には効果がありません。プロペシアを1年間服用して改善した人の割合は58%で、また、抜け毛の進行を抑えることに成功した人の割合は93%とほとんどの人がプロペシアの効果を得ることができています。

副作用

ED(勃起不全)、性欲減退などの男性機能障害がおこることが分かっています。ごく稀に肝機能障害を発症することがあるので、体がだるいなどの異変を感じた場合、服用を中止してください。
※服用は成人の男性のみ可能で、女性、子供の服用の安全性は確認されていません。
特に妊婦の服用は胎児の奇形、障害が現れることがありますので間違って服用しないように保管には十分注意が必要です。

使用方法

1日1錠なるべく一定の時間に服用するようにしてください。24時間効果がある薬なので決めた時間に飲むことで一定の濃度を保つことができます。プロペシアは、速効性のある薬ではなく、長期間(最低でも6か月)飲み続けることで効果を発揮します。毎日欠かさず飲んでください。飲み忘れてしまったからと言って次の日に2錠飲むということは絶対にしないでください。次の日から一錠ずつ飲みましょう。
またミノキシジルという男性型脱毛症(AGA)の治療薬と併用すると相乗効果が高まり発毛を促すとされています。

フィンペシアの通販はお薬なび

トップページへ