薄毛の原因

薄毛の原因

加齢によって起こることが多いと思われがちな薄毛ですが、実は若い人にだっておこる可能性は十分あります。ではなぜ薄毛になってしまうのでしょうか?薄毛の原因は様々です。

よく言われるのが遺伝による薄毛ですが、これは間違いありません。もし、あなたが男性であれば、父親が薄毛ではないから大丈夫と安心されるかも知れませんが、残念ながらそれは違います。実は母親の遺伝子の方が強く影響することが分かっているのです。

一般的に女性は男性よりも薄毛になりづらく、見るだけでは薄毛遺伝子を持っているかどうかは分かりません。そういう場合は母方の祖父が薄毛であるかどうかをみるとわかりやすいかもしれません。祖父から遺伝という可能性も少なからず起こり得るのです。遺伝ならどうすることもできないじゃないかと思われる方がいるかもしれませんが安心してください。ミノキシジルフィンペシアによって治療することができます。

遺伝ならともかく薬を頼ることを考えがちですが、実は遺伝以外にも生活習慣や食生活が大きく関係しているのです。

生活習慣を直す

日常生活の中で、夜更かしをすることが多い人や、寝る時間が不規則な人は注意が必要です。
睡眠不足によって、交感神経が過敏な状態になり、血流が悪くなることで薄毛、抜け毛につながるのです。
また夜更かしをすると睡眠中にでる成長ホルモンが分泌されないので、髪の毛のためにはよくありません。

生活習慣の中で特に良くないのが煙草やアルコールです。煙草にはニコチンなどの有害物質が含まれていて、その中には頭皮の血行の悪くするものもあり、毛根や髪に栄養がいきにくくなってしまいます。また、アルコールは適度に飲む分には影響がないのですが、飲みすぎることによって肝臓に負担がかかり、発毛に必要な細胞を作ることができなくなります。

生活習慣を直す

食生活も同じく、肉やラーメンなどの脂っぽい食事が多い人は薄毛になりやすくなります。食事で多量の脂を摂取することで皮脂の分泌が過剰になり、毛穴が詰まりやすくなります。毛穴が詰まることにによって抜け毛が多くなり、薄毛になります。脂っぽい食事によって血液がつまりやすくなり、血行不良になり、また薄毛の原因となり、確実に病気にかかりやすくなります。野菜や果物を取ることによって、ビタミン、ミネラルを取り入れることによって薄毛の改善もでき、健康でいられるので食生活の見直しは大事です。

もう一つ原因として考えられるのは頭皮への直接的刺激によるものです。
間違ったヘアケア、シャンプーの仕方によって頭皮が傷ついてしまい、薄毛につながります。
髪の毛のカラーリング、パーマを頻繁に行う人は特に薄毛になりやすくなります。

フィンペシアの通販はお薬なび

トップページへ