女性の薄毛トラブル

女性の薄毛トラブル

一般的に男性より薄毛になりづらいとされていますが女性の中でも薄毛に悩まされている人は少なくありません。
なぜ女性の薄毛トラブルは起きてしまうのでしょうか?

ホルモンバランスの変化

ホルモンバランスの変化

女性に多くみられるのがホルモンバランスの変化によるヘアサイクルの乱れです。毛髪が生まれてから成長し抜けて、生え変るまでのサイクルが乱れることによって成長した正常な毛髪が少なくなることで薄毛になります。加齢によって起こるホルモンバランスの変化はもちろん実はダイエットやストレスによってもホルモンバランスは乱れてしまうのです。

女性の場合ですと40代~50代で閉経を迎える方が多いですが、閉経によってエストロゲンという女性ホルモンが減少することによって
髪の毛の生長期間が短くなり、休む期間が長くなってしまいます。エストロゲンが減少に伴い、男性ホルモンであるテストステロンが相対的に増加してしまい、抜け毛が多くなります。

また20代~30代でもストレスや過度なダイエットで、エストロゲンが減少することによって薄毛になる可能性があります。
ストレスや過度なダイエットは自律神経の乱れを招くことがあり、血行を悪くします。
血行が悪くなると、頭皮や髪の毛に栄養がいかなくなってしまいさらにへサイクルを乱れさせてしまいます。

カラーやパーマなどの頭皮ダメージ

カラーやパーマの薬剤には刺激の強いものもあります。刺激が少ない薬剤を選んでも頭皮には必ずと言っていいほどダメージがあります。また、稀にカラー剤やパーマ液にアレルギー反応を起こす人もいます。アレルギーのせいで、炎症をおこし、毛穴がふさがってしまうことによって薄毛になってしまう可能性があります。

シャンプーによる頭皮ダメージ

シャンプーが肌に合わない場合があります。市販のシャンプーは高級アルコール系という洗浄力が強い成分が入っているものがほとんどです。高級アルコール系シャンプーは洗浄力が強すぎて、汚れだけではなく必要な皮脂まで洗い流してしまうことがあります。また合成添加物や着色料など余分なものがたくさん入っているため頭皮のアレルギーを引き起こしやすくなります。頭皮にダメージの少ないシャンプー(天然系)のものを使うことによって頭皮トラブルや、薄毛を防ぐことができます。ただし、洗いすぎには注意が必要です。

トップページへ