ミノキシジルの作用・副作用・使用方法

ミノキシジルの作用・副作用・使用方法

ロゲイン

ミノキシジルはアメリカのファイザー社によって開発された脱毛症の治療薬の成分です。もともとは高血圧の経口薬として使われていましたが、後に髪を育成させ、脱毛症を回復させる効果があることが分かり「ロゲイン」という名の商品名で販売されました。日本では「リアップ」という名前で大正製薬より販売されています。

「ロゲイン」「リアップ」ともに外用薬ですが、海外でのみ経口型、内服薬の「ロニテン」及びジェネリック医薬品が販売されています。

日本では、副作用が確認されているため、内服薬は販売されていません。ですが、外用薬よりも内服薬の方が効果が強いのも確認されているのです。
※男性型脱毛症の薬として認可されているのはこのミノキシジルとプロペシアという成分のみです。

ミノキシジルの内服薬を購入できるのは、個人輸入代行サイトでの通販販売のみとなっています。

ミノキシジルの作用

ミノキシジルには血管を拡張させ、一時的に血流を増加させる効果があります。血流を増加させることによって、毛髪の根っこの部分(毛根の中心)である毛乳頭という部分が効果的に毛髪へ酸素や、栄養素を取り込んでくれるようになるのです。このように正常なヘアサイクルに導くことによって発毛が促進されます。毛根自体に効果があるので男性型脱毛症のみではなく女性型脱毛症や、円形脱毛症などの幅広い脱毛症に有効とされています。

副作用

外用薬においては直接頭皮につけることによっておこる、「頭皮のかぶれ」が見られます。頭皮にかゆみ、湿疹が現れることがあります。
むくみ、頭痛、吐き気、不眠症、などの副作用が起きることがあります。また肝機能障害がまれに見られます。外用薬でも起こるとされていますが、内服薬の方が副作用が強くでる可能性が高いです。
※飲酒後の服用は副作用を強める可能性がありますので控えましょう。

血圧を下げる薬(降圧剤)を服用している人は血圧が下がりすぎることがあるため、内服薬の服用は出来ません。またもともと低血圧な人も注意が必要です。妊娠中、授乳中の女性は、胎児に障害が出ることがあるため、服用しないようにしましょう。

使用方法

外用薬の場合は朝と夜2回塗ります。1回でもOKですが発毛効率がよくなります。朝起きたときは整髪剤をつける前に塗布して、夜はシャンプーをして頭皮を綺麗にしてから塗ります。頭皮が汚れている状態よりきれいな状態の方が浸透率がよくなります。必ず髪を乾かしてから寝てください。ミノキシジルが流れてしまう可能性があります。量をきっちり計る必要はありませんが、塗りすぎには注意してください。
内服薬の場合も朝と夜に服用してください。朝と夜に服用することで昼間と夜寝ているときに成分が行き届きます。

またミノキシジルはプロペシアとの併用がお勧めです。併用することによって発毛だけでなく、抜け毛予防の効果が期待できます。ミノキシジルはアメリカのファイザー社によって開発された脱毛症の治療薬の成分です。もともとは高血圧の経口薬として使われていましたが、後に髪を育成させ、脱毛症を回復させる効果があることが分かり「ロゲイン」という名の商品名で販売されました。日本では「リアップ」という名前で大正製薬より販売されています。

「ロゲイン」「リアップ」ともに外用薬ですが海外でのみ経口型、内服薬の「ロニテン」及びジェネリック医薬品が販売されています。
日本では、副作用が確認されているため、内服薬は販売されていません。ですが、外用薬よりも内服薬の方が効果が強いのも確認されているのです。
※男性型脱毛症の薬として認可されているのはこのミノキシジルとプロペシアという成分のみです。

フィンペシアの通販はお薬なび

トップページへ