ヘアサイクルについて

ヘアサイクルについて

発毛とは髪の毛が抜けた場所からまた髪の毛が生える事を指します。人間にはヘアサイクル(髪の毛の周期)があり、人により周期は違うのですが、通常4年~8年だとされています。しかし、男性特有の症状、AGA(男性型脱毛症)は、ヘアサイクルが乱れてしまうことにより脱毛が増え、生える髪も細く短くなってしまうのです。

それを見分ける特徴として男性にしか起こらない脱毛の仕方を知る必要があります。前髪部分がだんだんM字に薄くなる、もしくは頭頂部が丸く薄くなる事です。いずれそれらは合わさってしまい、残る髪の毛は両側の側頭部と後頭部のみになってしまうのです。その原因として挙げられるのが、ジヒドロテストステロン(DHTも呼ばれる)です。

元々男性にはテストステロンいう男性ホルモンがあります。それが5α還元酵素というものにより、DHTに変換されるのです。髪の毛の乳頭細胞などに結びつくと、ヘアサイクルを通常よりかなり短いものにします。先に記述をした通り通常だと4年から8年で髪の毛が生え変わりますが、この作用で数か月から1年位の周期へ変わってしまいます。短くなったヘアサイクルでは、髪の毛は十分に成長できず、いずれ毛穴から全く生えなくなります。

そこで発毛や育毛を促すために、元々の原因である5α還元酵素を治療薬によって阻害させます。その治療薬がフィンペシアなのです。有効成分であるフィナステリドが、5α還元酵素を阻害し、DHTの生成を防ぎます。それによりヘアサイクルが通常に戻り、全く髪の毛が生えてこなかった部分から発毛したり、成長しきれなくて細く短かった髪の毛が太くなりコシが戻るのです。

しかしその効果を得るには継続が必要で、また根本的な解決にもならない場合があります。自身の体質を変える、習慣を変えることによって初めて健康な髪が生えるのです。まずは3ヶ月服用を続けましょう。劇的な変化というものは見られないかもしれませんが、自身にとって大きく変わるものがきっとあると思います。

フィンペシアの通販はお薬なび

トップページへ