ジェネリックは海外医薬品通販で

ジェネリックは海外医薬品通販で

抜け毛や薄毛などの症状が生え際や頭頂部に現れてしまうAGA。その治療薬であるプロペシアのジェネリック医薬品として知られているのがフィンペシアです。しかし、正確に言えば正式なジェネリックではない、と言われたらどう思いますか?その理由には先発薬であるプロペシアに対する特許期間が関係しています。2019年までが期限のため2016年現在、まだ終わっていません。開発元であるメルク社が特許を保有し、製造や販売を行っています。

では何故、フィンペシアは後発薬として販売されているのでしょう?それは製造している会社の所在地が関係しています。インドに本社を置く、シプラ社が製造販売しています。インド国内では非常に有名な企業でして、いくつか支社があります。インドは特許条約に加盟をしておらず、特許を無視して先発薬と同様の成分であるジェネリックを製造する事が出来ます。このような事情がありるため、インドにはジェネリックに特化した製薬会社が多いのです。シプラ社は世界的にもそのような位置付けで、名が知れ渡っています。

成分はプロペシアと同じ

プロペシアの主成分であるフィナステリドが含有され、同様の効果があります。AGAの原因、ジヒドロテストロンを生成する5αリダクターゼの活動を抑えこんで、抜け毛や薄毛の進行を食い止めます。また副作用も同じように男性機能の低下による性欲減退や勃起不全などが発症してしまう可能性があります。

日本では厚生労働省から認可されていません。そのため購入することは出来ませんが、インドからは個人輸入代行業者を使うことで簡単に購入することが出来ます。3ヶ月分を5000~6000円ほどで購入出来るため、長期間の服用が必要になる薬のため経済的な負担が少なくて済みます。

先発薬のプロペシアを購入する場合は処方せん薬となりますので、医師から処方せんをもらい自由診療にあたるため保険適用もありません。全額自己負担での治療となり、1ヶ月分で10000円前後かかります。成分や効果、副作用も変わることなく服用出来るのであれば価格が安いことに越したことはありません。注意として偽物の販売を行う業者もいるので、業者選びには注意が必要です。また購入にあたっては医師の処方ではなく自己責任になります。万が一体になにか起きても補償を受けることが出来ませんので気を付けて下さい。

フィンペシアの通販はお薬なび

トップページへ